当事務所のお客様専用tkcプログラム・ダウンロードのページです。当事務所のお客様が「tkc戦略経営者メニュー21」または「e 21まいスターメニュー」から接続した場合にのみご利用になれます。 なお、当該過年分の電子帳簿書類は「電子帳簿閲覧システム」で閲覧できます。 これにより、紙面で保管する場合のコスト削減およびペーパーレス化を実現できます。 最新データをtkcデータセンターに自動バックアップし、データ消失への万全な備えを提供. FX4クラウド電子帳簿閲覧システム. TKC会計システムとは、市販の会計ソフトとは違い、㈱TKC(会計システム会社)とTKC全国会(税理士・公認会計士)が協力して作成した会計システムです。 会計事務所による親切なサポート. また、過年分の電子帳簿書類の保存については、sx2で事業年度毎に電子帳簿データを作成します。 なお、当該過年分の電子帳簿書類は「電子帳簿閲覧システム」で閲覧できます。 システム立ち上げから運用までtkc会員事務所が支援します。会社法や税法が求める帳簿や決算書の作成支援、税務申告や経営助言など、当事務所が全面的にサポートします。 毎年変わる法令に迅速対応し、機能もレベルアップします。 TKC戦略経営者システムへのログイン 企業グループコード、ID、パスワードを入力し、[OK]ボタンをクリックしてください。 TKCデータセンター(TISC)利用料(月額) 1社: 10GBまで ... データ使用量がデータ容量の80%を超えた段階で2GBごとの追加. TKC戦略経営者システムへのログイン 企業グループコード、ID、パスワードを入力し、[OK]ボタンをクリックしてください。 電子帳簿保存法とは 1998年に制定された法律で、国税関係帳簿書類に対し、電子データによる保存を認めた法律です。1998年に電子帳簿保存法が施行され、会計システムや販売システムなどで「国税関係帳簿」を電子データで保存することが可能になりました。 また、過年分の電子帳簿書類の保存については、sx2で事業年度毎に電子帳簿データを作成します。 なお、当該過年分の電子帳簿書類は「電子帳簿閲覧システム」で閲覧できます。 また、過年分の電子帳簿書類の保存については、sx2で事業年度毎に電子帳簿データを作成します。 なお、当該過年分の電子帳簿書類は「電子帳簿閲覧システム」で閲覧できます。 電子帳簿保存法は、1998年7月に制定された法律で、国税関係帳簿書類の全部又は一部を電子データによる保存を認めた法律です。本記事では、電子帳簿保存法について、概要、必要な手続きなどを詳しくご紹介いたします。 電子帳簿保存法対応ソリューション「DataDelivery」 DataDelivery(データデリバリー) は、電子帳簿保存法に対応可能な電子帳簿システムです。大量の帳簿データをオフィス内の端末からタイムリーに閲覧ができ、必要なデータも即時に検索が可能です。 e-Taxソフトについては、当コーナーからのダウンロードによる取得が可能です。当コーナーのご利用に当たっては、以下の流れに沿ってe-Taxソフトをダウンロードしてください。 fx4クラウドをはじめとするtkcシステムは、日々の記帳から月次決算、決算書作成、税務申告書作成、電子申告まで一気通貫です。 会計・税務の専門家である当事務所による適正申告が行われた場合、「記帳適時性証明書」が発行されます。