古い賃貸アパートの場合、流し台や調理台・ガス台がそれぞれ分かれているセパレートタイプのキッチンか、ユニットタイプのミニキッチンのどちらかが取り付けられているケースが多く見られます。セパレートタイプのキッチンの交換は10~30万円程度、ミニキッチンの交換は20万円程度です。 ミニキッチンやコンパクトキッチンは、ライフスタイルや用途に合わせて選ぶことができるので、アパートやマンション、戸建て住宅など様々な場所に設置できます。この記事では、ミニキッチン・コンパクトキッチンのリフォーム費用、各メーカーが取り扱う商品についてご紹介しています。 賃貸アパートのキッチンを交換すると空室対策になる? ・ キッチンのリフォームにかかる費用はいくら位? ・ 賃貸アパートのキッチンリフォームは集客効果がある? 賃貸アパートは築年数が増えてくると色々と設備が古くなってきます。 賃貸マンションやアパートのリフォームで、新しいキッチンに交換する費用は、セパレートタイプのキッチンでは10万円~30万円、システムキッチンでは30万円~80万円ほどが目安です。diyでのリフォームでできることは、部分な工事に限られます。 ミニキッチンのリフォームには、ミニキッチンの本体価格と工事費用が必要です。 ミニキッチンの本体価格相場 ミニキッチンの本体価格は、約10万から30万円が相場ですが、特注の扉カラーやコンロの種類変更、電気温水器など、素材や機器の変更・追加を行うとオプション費用が発生します。

ミニキッチンとはミニキッチン(コンパクトキッチン)とは主にワンルームや1Kについているユニット型のキッチンのことを言います。サイズは幅900mm~1500mmの間が標準と小型のものになりますので、単身者向けで本格的に料理をするファミリー層には向きません。