以上で、Webサーバー(IIS)の設定は完了です。 引き続き、desknet's NEOをインストールしてください。 Windows Server 2012、IIS8 は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商 … 設定ができたら[ok]ボタンをクリックし[要求の制限]ダイアログボックスを閉じ、[ok]ボタンを押し[モジュールマップの追加]ダイアログボックスを閉じます。 ハンドラーマッピングリストの一覧にphpのモジュールマッピングが追加されました。

IISの設定 IISの標準状態ではCGIを使える機能が入ってないので追加インストールし、ActivePerlとの関連付けを行う必要がある。 スタートを右クリック「コントロールパネル」→「プログラム」→「Windowsの機能の有効化または無効化」 「インターネット インフォメーション サービス」→ … » IIS 徹底解説! spring - ハンドラーマッピングの明示的な登録; Asp.NET Web API - AspNET Web API:405:このページへのアクセスに使用されるHTTP動詞は許可されていません。ハンドラーマッピングの設定方法; クラシックASPページのIISハンドラーマッピングinclude(inc)ファイル インターネット インフォメーション サービス(iis)マネージャーが起動します。 左ペインのツリーから一番上のコンピューター名の部分を選択します。 真ん中のペインにある「ハンドラーマッピング」をダブルクリックします。 クリックで拡大 JavaScript, PHP, Apache, IIS, MySQL, SQL Server による Web 開発、及び C/C++ 言語による Windows 開発について入門編から詳細事項まで徹底解説しています。 Web/DB プログラミング徹底解説. » ASP.NET 関連のスクリプトマッピングの設定. IIS上でPHPのアプリケーションを動作させる方法は、以下のようなサイトにかなり丁寧でまとまった情報が既にあるんだけれど、それでもそれなりにハマったので手順をここに残す。 ... php.iniを開き、以下の設定を追加・変更する。 ... [ハンドラー マッピング Windows Server 2008 R2で、IIS 7.5 (Internet Information Services 7.5)をお使いいただく際の設定手順について説明します。 インストールを始める前に ・本ガイドの手順は、弊社製品desknet's NEOをご利用いただく上で必要最小限の機能を有する設定となります。 IISでDjangoを動かす#2(IIS側) 続いて、IIS側のバインドを整備する。 まずwebサイトの物理パスは、Djangoプロジェクトのフォルダ(manage.pyが存在するフォルダ)まで指定する。 続いて、再び上記サイトに書かれている手順に従う。 IISにwfastcgiを設定する。 ASP.NET 関連のスクリプトマッピングの設定… 開発環境では WebDev.WebServer.EXE が動いてるので、こいつはマッピングがあるのでしょうね。ってことで開発の時も IIS がある環境の場合は IIS で動かすのがお勧めです。 ※追記 ハンドラマッピングは system.webServer/handlers の中に書いてあげてください。 上記 cgi がインストール済みである前提で、iisの設定を行っていきます。 実行したいバッチを保存した仮想ディレクトリを選択 「機能ビュー」から [ハンドラー マッピング] を選択 これが完了すると、インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャの「ハンドラ マッピング」にて、*.svc に対するマッピングが追加される。これにより *.svc がサービスとして動作するように … IIS 10.0をインストールする前に次のことを確認してください。 ユーザーの権限 ... ハンドラーマッピングを設定します。 インターネット インフォメーション サービス(IIS)マネージャーを表示します。 IISマネージャーを表示する. ホーム. [ハンドラー マッピング] 機能ページは、特定の種類のファイルに対する要求を処理するハンドラーの一覧を管理するときに使用します。 機能ページで各列の見出しのいずれかをクリックすると一覧を並べ替えることができます。

続いて IIS マネージャーでの設定です。 パンドラーマッピングをダブルクリックして開きます。 モジュールマップの追加を開きます。 ここでは次のように入力します。 要求パス:*.php モジュール:FastCgiModule 実行可能ファイル:php-cgi.exeのパス 名前:PHP 3.ActivePerlの設定方法(IIS) で作成した、CGI の稼動を確認するためのファイル「0.cgi」を設置する場所を決めます。 とりあえず、テストとして C:\Inetpub\wwwroot に cgi と名前をつけたフォルダを作成しました。 この名前は自由に決めて構いません。 IISの設定 Perlのインストールが終了しても、IISにPerlのスクリプトファイルと、スクリプトを処理するモジュールを、関連付けする必要があります。 ここでは、"*.pl"にPerlのモジュールを関連付けます。

IIS7でハンドラーマッピングでモジュールマップの追加をしたら web.configに以下の記述がされ これまで404エラーだったものが500エラーに変わってしまった。 GUIで設定するよりも 直接web.configに記述した方が良いのだろうか? 記述されたのは