最近犬の鼻の周辺がはげていたり、なんだか痒そうにしていることはありませんか?犬の鼻周辺の皮膚がはげてしまうという症状は、皮膚病の一つになります。「鼻だから大丈夫だろう」とこの症状を放っておくと、体全身に広がってしまう可能性もあるのです! 犬が鼻の中で炎症を起こすと、粘膜の働きにより鼻水がつくられます。 鼻水が出る原因には、生理的なものと病的なものがあります。 生理的に出る鼻水は、鼻に入った異物を排出するために出るものや、気温の変化によるものがあります。 Photo credit: John of Austin via Visualhunt / CC BY-SA皮膚トラブルの多いワンちゃんは多いですよね。かさぶたができて、パラパラとフケが出てくる。かさぶたを触ったら、かさぶたといっしょに毛も 大切な愛犬のイボ、心配ですよね。良性か悪性か判断するために見るべき症状、そして原因と解決法についても詳しく説明します。犬のイボについて、ぜひ参考にしてみてください。 鼻ポリープは、鼻にできる”できもの”です。体にできるものといえば、もっとも心配なのは悪性腫瘍「がん」です。 悪性腫瘍は、全身のどこにでもできますので、とうぜん鼻にできる可能性もあります。ただ、鼻ポリープと悪性腫瘍を見わけるのは、それほどむずかしくありません。 犬の鼻の色が変わる原因には、生理的な原因と病的な原因があります。加齢・季節(紫外線)・皮膚型エリテマトーデス・ぶどう膜皮膚症候群の4つをご紹介します。

猫は鼻の頭が白いと、日光過敏症になる可能性が考えられますが、犬の場合は心配する必要はないでしょう。 犬の嗅覚は人間の何倍あるの? 犬の嗅覚を人間と比較した場合、犬のほうが1000倍から1億倍も優れていると言われています。 犬に見られる皮膚の病気についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。 病気までいかなくても、愛犬の肌トラブルは年中みられるものです。 犬の肌トラブルの対策方法と、肌ケアの方法についてお伝えします。 犬の肌トラブル 犬が吐く白い泡って何なの? うちの愛犬は、1~2ヶ月に1度ぐらいのペースで、白い泡のようなネバネバしたモノを吐くことがあります。 その白い泡を見ると、食べ物や血が混じっている訳でもないので、「何なのだろう」と思っていました。