「えたひにん」とは?江戸時代にえたひにんが暮らした地域、その地域の現在、そして現在の苗字とは?「えたひにん」の苗字、その意味とは?現在も存在するあの職業の職業姓という意味があった。厳しい身分差別を受けた「えたひにん」の生活とは。 江戸時代の各藩、幕府代官所に付設していた 刑場や牢屋に関する情報を紹介したい。 ... 右ハ忍送り盗賊ニ付御召捕天保十二丑十月十五日入牢被仰付、 松五郎、万吉、新蔵三人ハ同十三寅三月六日於牢屋敷打首、 於衣山獄門被仰付、常蔵儀ハ四人之頭ニ付於衣山打首獄門 被仰付。外ニ金蔵ト申 室町時代の白無垢はその後も受け継がれ、江戸時代は白か紅梅の綿入れと白の小袖、白の打掛が着用されます。 図2 は江戸時代後期の花嫁装束ですが、ここでは現代のような白一色ではなく、下着を紅梅色としたり、打掛の裏や下着の裏に紅絹(もみ)をつけて吉事の証しとしています。 これならわかる! 江戸時代の武家の男性の服装とは, 武家の人々の服装は、公の場では厳しい服制(衣服について定めた制度)によって、着物の色や烏帽子(えぼし)の折り方まで指定されていました。しかし日常生活では比較的自由な服装をすることができたといいます。