副業で確定申告が必要なのはいくらから? a1. メインの給与以外の所得が20万円を超える場合。20万円以下は確定申告不要。 勤め先が年末調整をしてくれるサラリーマンなどの給与所得者が、副業による所得が20万円を超えた場合は確定申告が必要です。 確定申告を一人で行う場合はわからないことが多いと思います。その中でもこの記事では「雑所得」について解説していきます。「雑所得」とは、「一般所得」との違い、「雑所得」の計算方法などについてまとめています。これを読めば、「雑所得」について理解をすることが出来るでしょう。 フリーランスで、各種デザインを行ったり、映像制作などの仕事をしています。青色申告で確定申告を行っています。昨年、映像制作の仕事を請け負いました。クライアントから支払調書が届きましたが、支払調書の区分に「原稿料等」と記載さ (税額が変わる場合も)知っておくと得する職業欄の話確定申告書には、主な所得が給与または年金受給者向けのa様式と、誰でも使えるb様式があります。このうち、b様式には職業を記入する職業欄があります。職業の種類によっては、その後の税額が変わってくる可能性も。 これはウェブ開発・デザイン・ライター・データ入力など、どの職種にも当てはまります。 また、白色・青色関係なく個人事業主の届け出を提出し、本業としてやっているなら事業所得になります。屋号を持っている時点で”事業”になりますので、報酬はすべて事業所得で計上しましょう。 � q1.