会社員の場合、退職日が1日違うだけで社会保険料(健康保険・厚生年金など)に大きな差が出ることをご存知ですか?私の会社でも、過去に「退職した月の給与から2ヶ月分の社会保険料が天引きされていたけど、なぜ?」という質問を受けたことがあります。 ただ、入社時と退社時については、若干注意が必要な場合があります。以下、当月20日〆、当月末払いの「甲社」を例に解説します。 1.
新しい会社に入社し、その月に給与が発生する場合、社会保険料が引かれていなくて不安になることがあります。社会保険料は翌月徴収が基本。なぜそうなっているのか、そんなお話です。 入社して2ヶ月目に2ヶ月分の保険料が引かれて5万円ぐらい給与から引かれると言われました。しかし、1ヶ月目のお給料から、既に保険料が引かれていたんです。健康保険: 9,990円厚生年金: 14,474円雇用保険…

社会保険料は、入社日によって按分(日割り計算)されることはありません。末日に在籍している場合は、その月分の社会保険料が掛かります。 例えば、9月1日に入社した従業員も、9月末日に入社した従業員も、9月分の社会保険料が掛かります。 社会保険料は、資格取得月から喪失月の前月分までの月単位の負担となり、日割計算は行いません。 派遣の社会保健制度について、わかりやすく漫画風に解説。派遣に社会保健が適用される条件。契約更新時に保健の手続きはどうなるか。契約満了時の保健と任意継続について。 入社時の社会保険料. 従業員の入社時や退職時の給与計算で、給与から何月分の社会保険料を控除すれば良いのか悩んだ経験のある経理・総務担当者は多いと思います。今回は、入社時と退職時にわけて法律上どのように規定されているのかについて確認して行きたいと思います。 一方社会保険料は、何日に入社しようと丸々1ヶ月分かかってきます。 社会保険料の計算は、月単位(1日~末日)で、日割りの制度はないのです。 すると、1日分の日割り給与では社会保険料の方が高くなってしまう可能性が高いのです。
一方社会保険料は、何日に入社しようと丸々1ヶ月分かかってきます。 社会保険料の計算は、月単位(1日~末日)で、日割りの制度はないのです。 すると、1日分の日割り給与では社会保険料の方が高くなってしまう可能性が高いのです。 会社員の場合、退職日が1日違うだけで社会保険料(健康保険・厚生年金など)に大きな差が出ることをご存知ですか?私の会社でも、過去に「退職した月の給与から2ヶ月分の社会保険料が天引きされていたけど、なぜ?」という質問を受けたことがあります。