働いてきた会社を退職するというのは人生のライフイベントの一つです。理由は様々かと思いますが、退職日をいつにするか?というのは1日違うだけで社会保険料(健康保険料+年金保険料)の負担が大きく変わることになります。 したがって、月末に退職した場合、社会保険の被保険者資格喪失日が翌月の1日です。 そのため、翌月分の社会保険料は発生します。 したがって、 月末に退職すると社会保険料が2倍になる のです。 月末の1日前(に限らず、月末以外)に退職すると手取りが増えるのは、社会保険料の負担が1ヶ月分で済むからです。 逆に月の末日に辞めると、仕組み上2ヶ月分の社会保険料が給与から天引きされるため、手取りが減ってしまうように見えるわけです。 同月得喪時の厚生年金保険料の納付が不要な場合 2.1. 納付した分の保険料が還付される2.2.

目次 1. 事業主への還付2.2.2. まず、「6月末で退職され、8月1日に新しいところに就職する。社会保険が7月の1ヶ月のみ空いてしまう」という状況で、“7月分のみご主人の扶養家族になる”というのは難しいです。 社会保険の扶養家族(配偶者)の認定は年収130万以内であることです。 同月得喪 1.0.1. 社会保険は月単位での適用となるため、退職日と入社日の間が空いても、下記の2つのいずれかに該当する場合は、転職する前後の会社で社会保険の加入が途切れません。 そもそも社会保険料の徴収に日割りは無く、月末に所属していれば保険料を支払う仕組みになっています。 ちなみに社会保険の資格喪失は退職日の翌日であり、これにより月末1日前退職は月末に喪失、月末退職は翌月1日に喪失、となります。 その場合は月末退職になるように交渉しましょう。 次は社会保険の手続きについて説明します。 退職後の年金の金額と考え方. 社会保険は原則として、 翌月に支払う給料から天引きする仕組み となっています。 会社員の場合、退職日が1日違うだけで社会保険料(健康保険・厚生年金など)に大きな差が出ることをご存知ですか?私の会社でも、過去に「退職した月の給与から2ヶ月分の社会保険料が天引きされていたけど、なぜ?」という質問を受けたことがあります。 その場合は月末退職になるように交渉しましょう。 次は社会保険の手続きについて説明します。 退職後の年金の金額と考え方. ・社会保険料は、入社した月から徴収されるため、月末に入社しても、その月から社会保険料が徴収される。 ・退職日の翌日の前月まで、社会保険料が徴収されるので、7月31日に退職しているのであれば、8月の前月である7月分まで社会保険料が徴収される 社会保険の資格喪失日は退職日の翌日 とされている のです。 例えば9月30日に退職すれば社会保険の資格喪失日は10月1日となります。 退職月の社会保険の取扱い. 社会保険は月単位で計算されるため、たとえば3月10日や3月21日など、月の半ばで退職した場合も翌日が資格喪失日となり、3月分の社会保険料は徴収されません。 社会保険料で損をするかは人それぞれ. 対象者への返金3.
参考 社会保険は原則として、 翌月に支払う給料から天引きする仕組み となっています。 では月末で退職できたとしましょう。 翌月分の社会保険料(年金と健康保険)はどうなるのでしょうか。 還付方法2.2.1. [月末退職で、社会保険料が2ヶ月分控除されるケース]ひさのわたるの飲食業界の労務相談|飲食求人グルメキャリー 飲食業界専門の求人情報誌。業種(イタリアン,フレンチ,居酒屋)、職種(パティシエ,バーテンダー,ソムリエ)、勤務地による検索等。 月末の1日前(に限らず、月末以外)に退職すると手取りが増えるのは、社会保険料の負担が1ヶ月分で済むからです。逆に月の末日に辞めると、仕組み上2ヶ月分の社会保険料が給与から天引きされるため、手取りが減ってしまうように見えるわけです。 社会保険の資格喪失日は退職日の翌日 とされている のです。 例えば9月30日に退職すれば社会保険の資格喪失日は10月1日となります。 退職月の社会保険の取扱い. 「月末退職で翌月入社」「退職日と入社日が同月内」は社会保険の未加入期間は生じない. 今日は前回に引き続き、社会保険料の徴収の話です。 月末に退職した者の社会保険料の控除についてどうしたらいいのか、という話です。 まず、社会保険の基本的な日付のルールについてです。 社会保険の「資格喪失日」と「退職日」はイコールではありません。 保険料を控除する際の注意点 2.
月末に辞めると資格喪失日が翌月になり、退職した月まで社会保険料が発生するからです(損していると感じる方もいるかもしれません)。 一方、給与計算が末締めの場合は、半端なタイミングでの退職だと日割り計算などの手間がかかる場合も。 では月末で退職できたとしましょう。 翌月分の社会保険料(年金と健康保険)はどうなるのでしょうか。