日本語だろうがなんだろうが変数名にしてコードがかけるようになります。 ただ、普通はそんなことしません。他のシステムとの兼ね合い等でどうしても 命名規則に反する変数名を使う必要がある時ぐらい …
Googleドライブで表計算ができる「Googleスプレッドシート」にはExcelにはない独自の関数があり、「GOOGLETRANSLATE関数」もその1つ。指定したセルにある日本語のテキストを英語に翻訳し、別のセルに一気に表示できます。使い方を見ていきましょう。 ですがGASならJavascriptがある程度書ければできちゃいます。 GAS独自の関数やルールは少しありますが、それらを覚えるだけでif文やfor文とか変数・配列の持ち方などはJavascriptまんまでかけるのでJavaScriptが少しできる人なら学習コストが低いのが特徴です。
今回は、Google Apps Script(GAS)のスクリプト関数から別のスクリプト関数を呼び出し、同時に変数も受け渡していく方法についてご紹介します。 GoogleAppsScriptを書いたら実行して結果を確認します、正しく書けていれば、期待した結果になりますが、間違っていれば、エラーになったり期待外れの結果となります。前回書いたスクリプト functionmyFunction(){ Browser.msgBox("HelloWorld"", Google Apps は 『Gmail』 と 『Googleカレンダー』 だけではありません!
「そんな事はよく分かってる。でも、どこから手をつけたらよいかが分からない。」という方や、
「Google Apps Script を覚えて Google Apps をもっと使い倒したい!」という方におススメです。 何百万人もの学生やプロフェッショナルに信頼されているWolframの画期的なテクノロジーと知識ベースを使って答を計算します.数学,科学,栄養学,歴史,地理,工学,言語学,スポーツ,金融,音楽等のトピックが扱えます