このように、転職時には住民税について適切な手続きが必要になります。特に一括徴収の場合は最後の給与から多くの額が住民税として徴収されることになるので、資金的な観点から問題ないか確認するとともに、特別徴収を継続する余地の有無なども検討しておきましょう。 ご覧頂きありがとうございます。前職を2013年末に退職し、2013年3月~12月まで休職をしておりました。体調も回復し医者の許可もでましたので、転職活動を初めております。そこで1つ心配なのが、転職先へ住民税の通知等で昨年 住民税の額から前年の年収がばれるのを避けたいのであれば、自分で税金を納める「普通徴収」に切り替えることです。 前職を辞める際に、普通徴収に切り替えてもらい、2~3月に自分で確定申告をすれば、転職先に年収がばれることはありません。

様々な事情で税金を滞納してしまった。 転職や新たに就職を考えている人であれば、とても気になる問題ではないでしょうか。 せっかく新しい会社に入るのに、印象悪くしたくないですよね。 転職時に税金の滞納は会社にバレるのでしょう・・・ 2018年の住民税を例にすると、2018年に支払う住民税の額は2017年の1月1日から12月31日までの収入によって金額が決まることになります。 なので、よく芸能人やスポーツ選手がいきなりブレイクして大金をゲットすると、次の年の税金が大変なことになる! それでは転職した時の住民税の手続き方法を解説します。転職時期や無職期間などによって異なりますのでパターンごとに解説していきます。 転職先も住民税給料天引きの場合. 転職後の住民税の手続き . 一般的な場合、会社の給料から天引きされているため自分で手続きをする必要がないのが住民税です。では、転職した場合の住民税はどのように対応すればいいでしょうか。 単身赴任の会社員や実家を離れて下宿している学生さんは、「住民票の住所」と「単身赴任先や下宿先の住所」が異なることがあります。 住所が変わったとき、住民票を移すための転入届と転出届は提出が義務化されています(住民基本台帳法第22条:転入届)。 休職の経験は、転職活動において不利になるので、できるだけ隠しておきたい項目の一つです。 履歴書には休職歴について記載する必要は無いので、隠して入社することは可能ですが、前職の源泉徴収票の提出を求められた場合は、その内容によってはばれる可能性があります。 転職前後で住民税の納税方法が同じ場合は、自分で手続きすることはありません。転職先 鬱で休職中です。体調も回復し医師から復職可能と診断されましたが、新しい環境で切替えたいと思い転職活動し内定が出ました。休職の事実は伝えていません。休職期間は08年7月~現在まで。年末調整は現職で行い、新しい職場は来年1月か