こんにちは♪ はるです。 ブログにYouTubeの動画を貼りたい! だけど、これって、著作権は大丈夫なのだろうか。 勝手に貼ってしまうのはまずいのだろうか。 公式の動画ならいいのだろうか。 ドキドキ。。。 今回は、ブログにYouTube動画を掲載する際の著作権についてお伝えいたします。

(著作権法30条の2第2項について) さて、次に、「2.1」で、許諾を必要としない適法に映り込みがあるとされた場合に、その写真や動画の「著作物」を利用する行為について、著作権法30条の2第2項が定めているというのは上述の通りです。 著作権情報センター(CRIC)は、著作権の正しい理解と、より良い著作権制度の実現を目指し、著作権思想の普及、著作権関連情報の収集・提供、研究会・研修講座、調査研究、国際協力・交流など多彩に活動しています。

YouTubeのゲーム実況は著作権的に大丈夫なのかどうかについて解説します。YouTubeが一般化して、ゲーム実況を始める人も増えましたが、その一方で著作権に関する知識がない人が多いです。著作権について理解した上でゲーム実況を行いましょう。 みなさん一度は聞いたことがありますよね。 「著作権」 世の中にある音楽や小説・雑誌・絵画・写真・映像…ありとあらゆるものがその「著作権」の対象となります。「著作権」は基本的に、その「著作物」を作った「著作者」を守る為にあるものです。 動画内で使っている音楽、映画・テレビ・ゲーム・YouTube動画の映像。こうしたものを利用している場合は、著作権を侵害していないか今一度確認してみたいものです。もし著作権を侵害していると、著作権者に申立てられることがあります。YouTubeアカウントの閉鎖に至ることもあるのです。