今回は「上抜き」なのでオイルゲージが刺さっている穴から抜きます。フィルターの交換もなしです。 まずオイルゲージを抜いたら、そこにホースを差し込みます。ローバーミニは穴が細いかもしれません。 ミニ miniの上抜きオイル交換 その1に関するフク長の整備手帳です。自動車情報は日本最大級の自動車sns「みんカラ」へ! いやー、さぶさぶ。車も暖気をしっかりやらなければならなくなってきました。まー正直この時期はつゆだく(ローバーミニ)もなかなか走り出せなくて乗るのが若干億劫になります。。やはりアバルト、アバルト購入なのか・・・笑 今回は上抜きのみでオイル交換 さてはて、つゆだく(うちのローバーミニ)も無事車検を終えたのでオイル交換をします。いつもは上抜きでやっている僕ですが、いい加減ドレンボルト抜いて鉄粉を除去してやらないとまずいはずなので(ていうか今までやってなかったってかなりやばい)下からも

クルマのエンジンオイル交換には、クルマの下にあるオイルパンのボルトを外す方法(下抜き)と、エンジン上部のオイルゲージの穴から管を入れて吸い出す方法(上抜き)の2つがある。これはどちらが正解なのだろうか? 自動車にとってのメリットデメリットをお伝えしたい。