これで、ビューポートのサイズ変更をすることが出来ます。 《こちらの記事もご一緒にいかがですか。》 AutoCADのビューポートの尺度変更と移動の方法について. ビューポートの追加の方法です。 1、表示メニューからビューポートを選択→1 ビューポート(1)を選択 2、レイアウト画面内の任意の場所を左クリック、四角を描く要領で再度任意の場所で左クリックで新たなビューポートが追加できます。 ビューポートの内側でダブルクリックします。 2. 前回はオートキャド(AutoCAD)のビューポート機能について情報を整理して、その後少し話が「より深く覚える為には」みたいな方向に逸れてしまいました。 オートキャド(AutoCAD)の機能として用意されている「ビューポート」がどのような動きをして、どんな役割をもっているのか。前回はそのあたりの話を取り上げてみました。 希望のビューポートがアクティブにならない場合にはキーボードの[Ctrl]キーを押しながら、[R]キーを押すとアクティブなビューポートが切り替わります。 ビューポートを正確に位置合わせしたい ビューポートを作成することはできるのだけど、キッチリ正確に合わせる方法ってないのでしょうか? 私は「左下点の位置を合わせる」方法をとっています。 ※ただし、異尺度の機能を使ってる人は注意が必要です。 プ ビューポートの尺度を変更するには、ビューポートを選択した状態で行う(ビューポート枠をクリックすると選択出来る)。以下、2パターンご紹介します。ビューポートの尺度設定について ステータスバーの「ビューポート尺度」プルダウンメニューから変更 AutoCADのビューポート作成と印刷しない設定(矩形や多角形や円) AutoCAD関連の記事一覧 AutoCADでは、レイアウト空間(ペーパー空間)にビューポートを作成して、尺度の違う複数の図を、1枚の図面内に印刷することが出来ます。ビューポートの尺度変更と移動についてご説明しますので、ぜひ使い方を覚えてご活用下さい。 今回はそんな手順を、実際のオートキャド(AutoCAD)の画面上で説明していきたいと思います。 表示範囲とビューポートの関係.

ペーパー空間にいながらにして、ビューポートの中に入った状態が下図にな … ビューポート内をクリックすることによって、それを現在のビューポートにすることができ、次にその内部に表示されているビューを画面移動およびズームすることができます。 下図左のレイアウト タブの例では、現在の 「レイアウト AutoCAD 【操作方法】 1. レイアウト ビューポートは、モデル空間のビューを表示するオブジェクトです。それらを作成し、尺度を調整し、レイアウト上のペーパー空間に配置します。ビューポートを作成した後は、必要に応じてサイズやプロパティを変更したり、尺度を設定したり移動することもできます。