などなど、 ドって吹いたつもりがドじゃないよ って楽器が結構あるんです. 僕がアルトサックスを初めて手にしてから、最初の約1ヶ月くらい、気がつかなかったことがあります。それはアルトサックスが移調楽器であるということです(笑)ホントのホントです。もともと楽器やる予定なんてなかったので、はい自由に吹いていいよってサッ そう思うと、フルート→アルトサックスの移調は無理があるのでしょうか? 移調楽器入門を読み進めると『代理楽器を選ぶ原則』として (1)音域が接近してる (2)音色が似ている (3)譜面から求められる楽器の操作性に対応してる とあります。 アルトサックスは移調楽器なので、同じ譜面を使うとピアノと音は合わないのです!アルトサックスの譜面で「ド-レ-ミ」と吹くとピアノでは「ミ♭-ファ-ソ」です。 なになに?意味がわからない? アルトサックスは「Es(エス)管」なのです。Esはドイツ語読みでエス、E なーーーんでそんなめんどくさいこと すんのよんって思うよねーー. アルトサックスのようにドって吹いたらミのフラットが出る楽器. これを移調楽器といいます. 先ほど、移調したサックス譜(アルト)でもこの部分は半音上げなければなりません。 さて、「シ」に♯を付けるだけでも良いのですが、下記の様にした方が楽譜が見やすいですね。 移調楽器の読みかえってややこしいですよね!突然すみません。こんにちは、リガラボです。移調楽器と呼ばれるトランペットやサックスなどの管楽器は、書いてある音符は大抵記譜音なので、そのまま音を出してしまうと「ん????音違う! サックスはE♭とB♭の移調楽器です。C調の楽譜をそのまま吹くと、周りの楽器と違う音が出ちゃいます。サックス譜作成のための、簡単な移調譜作成方法をお教えしましょう。 移調とはキーを変えることです。テナーやソプラノのB♭楽器では記譜上で一音半上げ、アルトやバリトンのE サックスは移調楽器と呼ばれる楽器です。移調楽器とは、実音と違う音が出る楽器のことです。何を言ってるのか分かりませんよね。もう少し詳しく(わかりやすく)説明しましょうね。移調楽器って何?実音とは?楽譜と実際の音が違うのはどうして?

なんでかというと