住民税の特別徴収は市区町村より通知がある. 最後に、役員報酬には住民税もかかります。住民税の支払い方法は、年4回に分けて自分で支払う「 普通徴収 」と、住民税の金額を12で割って役員報酬から天引きする「 特別徴収 」とがあります。 役員報酬を未払で毎月計上する場合も住民税の特別徴収の納付は待ってくれませんので住民税の特別徴収税額は別途支払う必要があります。 住民税の特別徴収はその年の給与に対するものでなく前年の給与に対するものなので当然といえば当然ですね。

セミナーの中で私が「未払の役員報酬を決算整理などで借入金に振り替える意味がわからない」という趣旨の話をさせていただきました。未払いの役員報酬を、勘定科目上「未払金」で残そうと「(社長)借入金」に振り替えようと、法的には同じだからです。 非常勤役員の適正役員報酬とは?(その3) 源泉の不納付加算税が減免に基準; 非常勤役員の適正役員報酬とは?(その2) 修正申告案は誰が作成すべきか? 非常勤役員の適正役員報酬とは?(その1) 調査通知の施行による改正内容

セミナーの中で私が「未払の役員報酬を決算整理などで借入金に振り替える意味がわからない」という趣旨の話をさせていただきました。未払いの役員報酬を、勘定科目上「未払金」で残そうと「(社長)借入金」に振り替えようと、法的には同じだからです。

実務上は役員報酬が未払いであっても、それに対応する源泉所得税は納付をします。理由は、それをしていないと、税務調査の際にもめるからです。従業員に対する給料と違い、役員報酬はお手盛りで、どのようにも操作できると考えられてしまうからです。 源泉所得税の支払いがあれば、納� 3. したがって役員報酬が未払いであれば、いまだ「支払っていない」ため源泉所得税を徴収する必要がありません。 資金繰りが苦しくて、役員報酬を払えない状態に陥っているのに、源泉所得税を先に納めなければならないという状況は回避できます。 [mixi]税理士事務所 未払いの役員報酬について 当方、個人住民税の課税事務の仕事をしております。 最近、お客様から、 「未払いの役員報酬に対し、そのまま住民税が課税になっているため、高すぎて払えない」 という内容の問い合わせが増えており、説明に困 役員報酬の未払い金は損金算入できる? 先に結論を言っておくと、 役員報酬の未払い金は損金算入できます。 ただし、 役員報酬を 全額支給できない特段の事情 (資金繰りが悪化したなど)がある; 短期間のうちに 実際に役員報酬を支給すること が認められる; 場合に限ります。