重油は、原油から取れる石油製品のひとつです。 しかし、ガソリンや軽油、灯油などと違い、直接私たちの身近で使われることはないように思えます。 しかし、重油も私たちの生活と密着にかかわりがあるのです。 私たちが毎日使っているものの中にも重油が使われています。 重油、クレオソート油のほか、1気圧において引火点が70℃以上200℃未満のものをいう。 通常は気温が引火点より低く、常温では引火する可能性は少ないのですが、霧状のものは引火の危険があります。 指定数量: 2000リットル: 注意書き: 予防策: a重油を使用する器具のみ使用すること。 他の石油製品と混合しようしないこと(事故及びエンジン故障の原因となるため)。 容器を密閉しておくこと。 熱、火花、炎、高温体等の着火源から遠ざけること。 浜松市火災予防条例(以下「条例」という。)に規定する指定数量未満の危険物及び指定 可燃物の貯蔵及び取扱いについて、条例のみでは、その指導の完壁を期しがたいため、別 に定めがあるもののほか、必要な事項を定める。 第2 指定数量未満の基準 A重油概要 2020年(令和2年)4月分 (xls形式:33KB) <調査結果一覧> 軽油(大口需要者向け軽油ローリー渡価格) 2003年(平成15年)4月~【産業用軽油ファイル (xls形式:74KB)】 A重油 2007年(平成19年)1月~【産業用A重油ファイル (xls形式:80KB)】 <公表予定日> 重油と硫黄は亜硫酸ガスが発生(有毒) (注)重油(jis k2205-1991)は、動粘度により、 1種 (a重油)、 2種 (b重油)、 3種 (c重油)に区分されているが、1種及び2種の引火点は60℃以上と定めている。 ~(6) 第4石油類 (指定数量:6000リットル)~ 定義 非常用発電機の燃料に使用される軽油や重油は、第4類の危険物として規制される。危険物はその危険性の度合いに基準となる数値が定められており、指定数量が区分されている。下記は、第4類の危険物の指定数量一覧である。 特殊引火物(エーテル等) - 50l 指定数量とは、危険物についてその危険性を勘案して政令で定める数量のことです。指定数量以上の危険物を取り扱ったり、貯蔵する場合は、消防法の規定が適用されます。 指定数量. さて、前回学習した指定数量ですが、危険物をタンク等に、貯蔵する場合に、指定数量の違いにより、規制される法律が違ってきます。今回はその学習となります。重要なのは…