不平不満が態度に出てしまう人は不平不満が多くなるような心理の追い込み方を自分でしている場合があります。 そこで今回は不平不満が多い人の心理や特徴についてご紹介していきますので、あなたの行動面、心理はどうかチェックしてみてください。 伝え方が9割の著者はコピーライターの佐々木恵一氏。相手にお願いをする文章を強烈な印象とともに書く技術が盛りだくさんです。隠し味のようなテクニックから、さらに、歯が浮くようなテクニックまで、広範囲の守備エリアを持つ技術が満載!ブログを書いている初心者におすすめです。 クレーマーの心理が分からない…と悩んでいる人はとても多いです。でも実際に心理が分かれば、今後の接し方が分かってくるはず。ではクレーマーの心理にはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。 最近はビジネス心理学などで話題になることもあるので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。 アサーションとは、お互いの違いを前提に、お互いの意見を尊重しながら正直なコミュニケーションをするための態度とスキルのことで、もともとは行動療法という心理療法の中から生ま�

理想のカップル像のひとつとして「何でも言いあえる仲」というのがある一方、「親しき仲にも礼儀あり」という言葉もあります。相手に不満があるとき、どのような伝え方をすればうまく相手に聞き入れてもらいやすくなるのでしょうか。 人の悪口や不平不満。「言わない人ってすごい」「自分も減らしたい」…そんな方へ。この記事で「悪口や不満に聞こえない言い方のコツ」を、私の経験や心理学の知識をもとにご提案します。これなら、上手に悪口や不満を吐き出しながら、無理なく減らしていけるかも! 自分が喋りにくい伝え方は相手には伝わらないものなのです。 というわけで今回は伝え方の順序の型である「CREC」をご紹介していきたいと思います。 伝え方の型「CREC」とは? CRECとはあるアルファベットの頭文字をとったものです。 C:Conclusion(結論) ↓ 違いますよね。不満を伝えるというコミュニケーションを通して、相手に改善をしてほしいからです。それならば、相手にとって耳の痛い話でも心理的に受け止めやすい伝え方をするべきです。この観点を踏まえて、正しい不満の伝え方をご紹介します。 【話し方】で重要な3つのポイントについて紹介します。話し方の下手な人と上手な人の具体例を対比で記しました。その違いは一目瞭然です。改善法にすぐに取り組み、違いを生んでいきましょう。